[カタールW杯] ガーナ戦の地上波3社視聴率合計39.1%・・・ウルグアイ戦よりは↓

[写真=聯合ニュース]


FIFAワールドカップカタール2022の韓国の2回目の試合であるガーナ戦地上波3社の視聴率合計が39.1%を記録した。

パウロ・ベント監督が率いる韓国サッカー代表チームは28日、カタール・アライヤンのエデュケーション・シティ·スタジアムで行われたガーナとの1次リーグH組第2戦で激闘の末に2-3で惜敗した。

29日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると、ガーナ戦の生中継はMBCが20.0%(以下 全国基準)、SBSが12.8%、KBS第2テレビが6.3%の視聴率をそれぞれ記録した。

これで地上波3社の視聴率の合計は39.1%となった。24日に開かれた韓国対ウルグアイの地上波総視聴率である41.7%(MBC 18.2%、SBS 15.8%、KBS 2TV 7.7%)よりは2.6%ポイント下がった。

MBCはアン・ジョンファン、ソ・ヒョンウク解説委員とキム・ソンジュキャスターを前面に出し、パク・チソン、イ・スンウ解説委員とペ・ソンジェキャスターが共にしたSBSとの視聴率格差を広げた。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기