済州航空、2年9ヶ月ぶりに仁川~延吉路線の運航再開

[済州航空、2年9ヶ月ぶりに仁川~延吉路線の運航再開]


 
済州航空が新型コロナで運航を中断してから2年9ヵ月ぶりに仁川-延吉路線の運航を再開すると10日、明らかにした。
 
済州航空の仁川-延吉路線は、仁川国際空港から毎週木曜日午前10時50分(現地時間)に出発し、昼12時30分に延吉に到着し、延吉からは午後2時30分に出発し、午後6時10分に仁川に到着する日程だ。
 
済州航空は現在、仁川-威海路線を週1回(水曜日)運航している。 今月18日からは仁川-ハルビン路線の運航も再開し、韓-中国路線は3路線に増える。
 
済州航空は新型コロナ以前の2019年、仁川-延吉路線を週6回運航し、平均76.1%の搭乗率を記録した。 務安-延吉路線を運航しながら、湖南地域住民の旅行便宜を大幅に高めたりもした。
 
一方、済州航空は新型コロナ以前の2019年、仁川と釜山、大邱、務安などを基点に、北京と延吉、ハルビン、青島など中国12都市・17路線を運航したことがある。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기