10月電気料金7.4ウォン値上げ・・・4人世帯の月2270ウォン追加

[写真=聯合ニュース]


10月から韓国の住宅用電気料金が1kWh当たり7.4ウォン値上がりする。4人世帯は月平均使用量を基準に従来より月2270ウォンの料金を追加で負担しなければならない。

大容量の産業用電気により多くの料金を賦課する差等価格制も適用される。高圧電力を使用する産業・一般用料金の場合、最大16.6ウォンが引き上げられる。

韓国電力は30日、このような内容を盛り込んだ「電気料金調整および料金体系改善方案」を発表した。

韓電は燃料価格高騰に対する価格シグナルの提供と効率的なエネルギー使用誘導のために累積した燃料費引き上げ要因などを反映し、すべての消費者の電気料金を2.5ウォン/kWh引き上げると明らかにした。すでに予告した残余引き上げ分の残余分4.9ウォン/kWhに加え、月2.5/kWhが追加で引き上げられるわけだ。

これに伴い来月から住宅用をはじめ一般・産業用、教育用、農作業用、街灯、植えて電気料金が1kWh当り7.4ウォン上がる。

今回の料金引き上げで月平均307kWhを使う4人世帯の場合、料金負担は月2270ウォン増えることになる。

大容量使用者により高い料金を賦課する差等料金制も適用される。既存の残余引き上げ分(4.9ウォン/kWh)を含め一般・産業用の使用者のうち高圧Aの場合11.9/kWh、高圧B·Cは16.6kWhが上がることになる。

農業用電力適用対象から大企業を除いて季節別・時間帯別料金区分基準を変更する方案も来年から施行される。

韓電は零細農・漁民保護趣旨に合うよう来年から農業用料金適用対象から大企業を除外することにした。大企業基準は独占規制および公正取引に関する法律によって公正取引委員会が指定した企業集団に該当する。

電気料金引き上げにともなう脆弱階層負担緩和方案も用意した。今年7月から適用中の福祉割引限度40%拡大を2022年末まで延長し、脆弱階層の料金負担を約318億ウォン追加で軽減する計画だ。

障害者、有功者、基礎受給、次上位階層、大家族、3子女、出産世帯など約336万世帯を対象に最大207kWh使用量まで電気料金を全額支援する方針だ。また、社会福祉施設は割引限度なしに引き上げられる電気料金の30%を割引する計画だ。

一方、韓電は財務構造改善のために保有資産売却、非核心事業調整および高強度緊縮経営など今後5年間、計14兆3000億ウォン規模の財務改善を推進すると明らかにした。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기