[CES 2022]サムスン電子、TVからロボットまで新製品の大量公開…未来像提案

[[CES 2022]サムスン電子、TVからロボットまで新製品の大量公開…未来像提案]


 
サムスン電子が米ラスベガスで開かれる世界最大の電子展示会「CES 2022」で、未来のライフスタイルを提示する。
 
サムスン電子は 5日(現地時間)から7日までCES 2022に展示館を設け、人工知能(AI)・モノのインターネット(IoT)・5世代移動通信(5G)など革新技術を基にしたソリューションを披露すると4日、明らかにした。
 
今回の行事では新製品を大挙展示する。先立って、発売したマイクロLED 110型に続き、101型と89型2つのモデルを初公開する。また、画質など核心要素をすべて強化した2022年型Neo QLEDを披露する。代替不可能なトークン(NFT・Non-Fungible Token)コンテンツを購入や鑑賞することができる世界初の「NFTプラットフォーム」も披露する。
 
モニター部門でも顧客の特性に最適化されたオーダーメイド型製品を披露する。特にオデッセイネオG8はクオンタムミニLEDが適用された32型ゲーミングモニターだ。4K解像度モニターで初めて24Hzの走査速度などゲーミングに最適化された機能を支援し、CES最高革新賞を受賞した。
 
また、様々なコンセプトの製品も公開する予定だ。 TVの設置が困難な空間に「私だけのスクリーン」を作ってくれる独特なコンセプトの製品と急激に成長するゲーミング市場を攻略する新しいフォームファクタースクリーンを4日午後6時30分(現地時間)に行うCES 2022の基調演説で公開する。
 
このほか、オーダーメイド型家電「ビスポークホーム」を海外市場に本格的に拡大するため、多様なラインナップを発表する。 特に、米国j市場を中心に多様化した冷蔵庫ラインナップ、オーブン、電子レンジ、食器洗浄機を含む「ビスポークキッチンパッケージ」を展示する。
 
「ギャラクシーS21 FE(Fan Editon)5G」も初公開する。この製品はギャラクシーS21で、ギャラクシーのファンが最も好む機能を厳選して適用した。スリムな本体とともに、オリーブ、ラベンダー、ホワイト、グラファイトの4種類の色を披露する。
 
さらに、Life Companionロボット2種も披露される。インタラクションロボットである「Samsung Bot i」と家事手伝いロボットである「Samsung Bot Handy」を展示し、使用者の映像会議を準備してくれたり、夕食のためのテーブルセッティングをしてくれるなどのシナリオを具現する。
 
Samsung Bot iは今回のCESで初めて公開するロボットである。使用者のそばで一緒に移動しながら補助する機能や遠隔地で使用者がロボットを制御できるTelepresence機能を搭載した。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기