文在寅大統領支持率34%・・・6ヵ月ぶりの最低

[写真=青瓦台(大統領府)提供]


文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政遂行支持率が6ヵ月ぶりに最低値を記録した。

韓国ギャラップが19日に公開した11月第3週目(16~18日)の大統領職務遂行評価調査によると、文大統領の職務遂行に対する肯定的評価は34%、否定的評価は59%だった。「どちらでもない」という回答は3%で、「分からない・回答拒絶」は4%だった。

文大統領の肯定的な評価は、去る5月の3週目の調査で34%を記録した後に反発し、30%台後半から40%台前半を維持した。

年齢別には40代が先週対比10%ポイント(p)も下がり、下落傾向を牽引した。肯定・否定率は △20代肯27%・否定58% △30代30%・62% △40代40%・58% △50代40%・55%   △60代以上32%・62%となった。

大統領職務遂行肯定評価者は「外交・国際関係」(29%)と「新型コロナウイルス感染症(コロナ19)対処」(18%)を高く評価した。外交・国際関係は先週より9%p以上上昇したが、これは尿素水供給期待拡大などが影響したものと解釈される。

否定評価者は「不動産政策」(37%)を最も多く指摘した。

一方、今回の調査は全国満18歳以上の男女1000人を対象に実施され、携帯電話のRDD標本フレームから標本を無作為抽出(集電化RDD15%含む)し、電話調査員インタビュー方式で行われた。回答率は15%、標本誤差は95%信頼水準で±3.1%pだ。


 
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기