キム·ヨナ側「ISU提訴?決定を尊重·謙虚に受け入れる」

キム·ヨナ側が大韓体育会とスケート連盟ISU (国際スケート連盟)に提訴と関連した立場を伝えた。

キム·ヨナは21日、マネージメント社のオールザットスポーツを通じて「ソチ冬季オリンピックで大韓民国国家代表として出場した選手として体育会と氷上連盟が国際スケート連盟規律委員会に提訴したことについて、その決定を尊重し、その旨を謙虚に受け止める」と述べた。

続いて、 "体育会と氷上連盟がソチオリンピックフィギュアスケート競技が終わった後、長い間検討して出した結果について、キム·ヨナが国家代表選手として謙虚に受け入れ、その旨を尊重する」と述べた。

また、 「体育会と氷上連盟が国際スケート界とスポーツ界で韓国選手たちに悔しいことが再発しないように最善を尽くすと述べたように、今回の提訴は、その中に数回繰り返してきた韓国選手の判定論難と不利益がこれ以上繰り返されないきっかけになってほしい」と付け加えた。

同日、大韓体育会が「ソチ五輪のフィギュアスケート女子シングルの審判構成について国際氷上競技連盟( ISU )に異議を提起することにした」と説明した。

(亜洲経済オンライン)
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기