後進国レベルで推移している韓国の社会指標・・・高齢者貧困率39%・出生率は最低

[写真=金堤市]


経済協力開発機構(OECD)高齢者貧困率1位、合計出生率最低、費用対教育効果最下位など、OECDの他の国と比べて韓国の社会指標が深刻な水準だ。経済は高い水準まで上がったものの、貧富・雇用・教育など社会全般の両極化はますます深化している。

これは経済と競争に重点を置いてきた政策の問題であり、より革新的な経済発展と人的資源開発のためには根本的な変化が必要だという指摘が出ている。

27日、OECDなどによると、韓国の高齢者貧困率は11年以降減少し続けているが、依然として39%を記録しており、OECD平均(13.1%)の3倍水準だ。

韓国の次はラトビア(39.0%)、エストニア(37.6%)などの順だ。米国と日本はそれぞれ23.1%、20.0%を記録した。

高齢者の貧困率は高齢者のうつ病、ひいては高い自殺率にもつながる。韓国の老人自殺率(人口10万人当たり46.6人)はOECD加盟国(平均17.2人)の中でも圧倒的な1位だ。

韓国は2025年、65歳以上の高齢者人口が20.6%を超えて超高齢社会になり、2050年には40%に達すると予測されるが、経済だけに没頭した政府が事実上対策作りに手を出した結果だ。

だからといって青少年と青年層の生活の質が優れているわけでもない。

韓国の合計出生率は2018年、妊娠女性1人当たり出生児1人以下に落ちたのに続き、毎年最低値を更新している。10代の自殺率も前年より10.1%高くなった。

ブルームバーグ通信は名門大学入試だけを優先視する「黄金チケットシンドローム」で私教育負担が大きくなり、これが青年雇用下落と出産率減少、青年層精神健康などに悪影響を及ぼすと診断した。

雇用や教育などの基礎となる人的資源の競争力はOECD 38ヵ国のうち24位であり、中下位水準にとどまった。

海外人材の流入や女性人材の雇用などを測定する魅力度部門で高等教育の海外流入率が2.8%と現れた。OECD 37ヵ国のうち33位で最下位水準だ。

高熟練雇用のうち、女性労働者の割合は27位を記録し、人材の流入と活用度が低いことが分かった。これは結果的に教育と職業間の不均衡が大きく、労働生産性が低く現れる結果につながる。

人的資源競争力上位国家は人材積極誘致、職業教育活性化、実質的職業力量開発など未来のための人的資源革新に注力している。しかし、韓国は未来志向的な人的資源革新政策よりは雇用維持などに比重を置いたためだ。

このような状況であるだけに、教育支出対比労働生産性もやはり非常に低いことが分かった。学生1人当たりの教育支出対比勤労者1人当りの国内総生産(GDP)はOECD最下位水準だった。アイルランドと比べると、教育支出は40%多いが、労働者1人当たりのGDPはむしろ60%少ない。

OECD加盟国のうち、大学専攻と職業選択の相関関係が事実上ゼロ(0)水準の国は韓国が唯一だ。

韓国職業能力研究院の経済学者嬉しい研究員は「韓国は『成功の罠』にかかっている」とし「教育が核心的な役割を果たしたものの、今や経済の未来を妨害しているかもしれない」と話した。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기