サムスン電子、3四半期のTV市場の萎縮にもかかわらず 累積シェア1位維持

[サムスン電子、3四半期のTV市場の萎縮にもかかわらず 累積シェア1位維持]


 
サムスン電子がグローバル景気低迷によるTV需要鈍化にもかかわらず、今年3四半期に累積占有率1位を維持した。 サムスン電子は4四半期にもNeo QLEDとライフスタイルTVなどを中心に、プレミアム製品の販売を増やし、「17年連続1位」記録を達成する計画だ。
 
22日、グローバル市場調査会社のオムディアによると、今年3四半期の累積グローバルTV市場規模は723億9000万ドルで、昨年3四半期の829億3000万ドルに比べて12.7%減少した。
 
今年3四半期のTV累積販売台数は1億4300万台を記録し、前年同期比4.4%減少した。
 
コロナ特需が消え、グローバルインフレによる景気低迷の余波で消費心理が萎縮し、需要が減ったものと分析される。
 
このような中、サムスン電子は今年1~3四半期の金額基準で30.2%の占有率を記録し、1位の座を守った。 LG電子が17%で後に続き、中国TCLとハイセンスがそれぞれ9.3%、8.6%、日本ソニー8%などと集計された。
 
数量基準でもサムスン電子が累積占有率20.2%で1位を占め、LG電子12%、TCL11.7%、ハイセンス10.1%、小米6.5%の順で後に続いた。
 
最近、サムスン電子とLG電子など韓国企業はプレミアム·超大型製品を中心に販売戦略を強化している。
 
特に、サムスン電子は2500ドル以上のプレミアム市場で、Neo QLEDとライフスタイルTVなどを前面に押し出し、金額基準で51.1%の累積シェアを記録し、全体市場の半分以上を占めた。 LG電子も21.2%のシェアを記録し、韓国ブランドがプレミアム市場で計72.3%のシェアで圧倒的な優位を占めた。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기