エアプサン、航空機事故対応模擬訓練…安全力量の強化

[エアプサン、航空機事故対応模擬訓練…安全力量の強化]


 
エアプサンが航空機事故状況を仮定して実際と同じ非常対策を樹立し、事故対応措置を遂行する「航空機事故対応模擬訓練」を実施する。
 
22日に実施された訓練は、エアプサン航空機が金海空港で事故が発生したというシナリオをもとに行われる。 初動措置チームの招集、事故対策委員会の構成、役職員対象の非常招集メールの発送など、実際の事故発生時と同じ事故対応体系および任務に従って訓練が行われる。
 
エアプサンは自主進行模擬訓練とは別に、金海空港で進行される「航空機事故収拾総合訓練」にも参加し、役職員の事故対応力量をより一層強化する計画だ。
 
今回の総合訓練はエアプサンと国土省、空軍第5空中機動飛行団、金海空港警察隊、江西消防署、韓国空港公社など32の関連機関と業者が参加した。 航空機事故発生時に有機的な協力ができるよう、エアプサン航空機で訓練が行われる。
 
エアプサンはキャビン乗務員、整備士など職員16人が参加し、△航空機機体異常状況に対応 △非負傷者を安全地帯に避難・引率 △事故現場調査などの任務を遂行する。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기