現代自グループ、「電気自動車の本土」欧州で今年10万台販売

[現代自グループ、「電気自動車の本土」欧州で今年10万台販売]



現代自動車グループが今年、欧州で昨年同期より41.9%増えた電気自動車の販売量を記録し、「年間10万台」を達成した。

16日、業界によると、現代自・起亜が今年10月まで欧州で販売した電気自動車は累積10万4883台を記録した。昨年同期に記録した7万3911台より、41.9%増えた規模だ。

この期間、現代自は5万6637台、起亜は4万8246台の車を売り、前年同期比それぞれ33.1%、53.9%拡大された販売量を記録した。

車種別ではコナEVとニロEVがそれぞれ3万6849台、3万8930台を販売し、グループの電気自動車の成長をけん引した。

現代自が出した初の専用電気自動車のアイオニック5は1万2219台、起亜の初の専用電気自動車のEV6は2431台の販売実績を上げた。

現代自グループが1年に10万台以上の電気自動車を販売したのは今回が初めてだ。現代自グループは昨年、欧州で計9万5917台の電気車を販売した。

自動車業界はアイオニック5、EV6、ジェネシスGV60に加え、来年発売予定のアイオニック6などを掲げ、これからも現代自グループが電気自動車の販売拡大を続けるものと見ている。

2040年まで100%電動化を目標に掲げた現代自グループはこれを通じ、電気車市場支配力の強化に拍車をかける見通しだ。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기