ジンエアー、タブレットPCで機内業務…"デジタル競争力の強化"

[ジンエアー、タブレットPCで機内業務…"デジタル競争力の強化"]



ジンエアーが1日から移動通信網を利用した自動化システムを適用し、機内スマート業務の運営を開始したと4日、明らかにした。

ジンエアーは全航空機の機内にタブレットPCを備置し、従来のマニュアル業務方式をデジタルに転換した。 特に、移動体通信網を利用して多様な情報をより早くて便利に活用できるようになった。

客室乗務員たちはタブレットPCを利用して飛行前の必須点検項目の運航情報、搭乗客の予約情報、機内免税及び有償サービス商品管理などの情報を簡単にやり取りできるようになった。

これに内外のすべての航空便で発生する紙の消費が減り、自動化システムを通じた業務の効率性が高まり、環境保護や定時率改善効果が期待される。

ジンエアーの関係者は"従来のマニュアルで運営されていた業務プロセスがデジタル化され、業務効率性の強化とコスト削減効果が期待される"、"変化する航空産業の流れの中で、デジタル革新で競争力を備えていく"と述べた。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기