ハンファ、6年ぶりにサムスンとビッグディール完了
ハンファ、6年ぶりにサムスンとビッグディール完了
[ハンファ、6年ぶりにサムスンとビッグディール完了] サムスンが保有していたハンファ総合化学の残余持分をハンファがすべて買い戻すことで、両グループのビッグディールが6年ぶりに完了した。さらに、今回の株式取引で、ハンファ総合化学の上場は事実上撤回された。、代わりにハンファ総合化学は未来新事業に集中し、企業価値を高めることにさらに集中するという計画だ。 23日、ハンファグループによると、ハンファ総合化学の大株主であるハンファエネルギーとハンファソリューションは同日、取締役会を開き、サムスンが保有したハンファ総合化学の持分24.1%(サムスン物産20.05%、サムスンSDI 4.05% 박수정 기자 psj2014@ajunews.com
2021-06-24 12:18:32
SKケミカル、「ESG委員会」の新設…取締役会中心のESG…
SKケミカル、「ESG委員会」の新設…取締役会中心のESG経営強化
[SKケミカル、「ESG委員会」の新設…取締役会中心のESG経営強化] SKケミカルがESG委員会を新設し、取締役会中心のESG(環境・社会・支配構造)経営を強化する。 SKケミカルは23日に理事会を開き、「人事委員会」と「ESG委員会」を新設することに議決したと明らかにした。 新たに新設される人事委員会では代表取締役に対する評価や留任の可否、社内取締役の報酬金額の審議機能などを遂行する。新規代表取締役を選任する際、人事委員会が会社の意見を総合的に考慮し、最終の代表取締役候補を確定すれば、理事会と株主総会の議決を通じて最終的に先任するかどうかを決定する仕組みだ。 박수정 기자 psj2014@ajunews.com
2021-06-24 11:47:26

ランキング