ハンファエアロスペース、宇宙事業バリューチェーン構築本格化…航宇研とヌリ号4回追加発射

[ハンファエアロスペース、宇宙事業バリューチェーン構築本格化…航宇研とヌリ号4回追加発射]


 
ハンファグループの宇宙事業が発射体技術を確保し、技術高度化に集中している。 韓国航空宇宙研究院(航宇研)と共に、2027年までに「ヌリ号」を4回追加発射するなど、今後、宇宙輸送サービスから多様な衛星活用サービス、宇宙探査まで含めた宇宙事業バリューチェーンを構築する計画だ。
 
ハンファエアロスペースは1日、航宇研から2860億ウォン規模の「韓国型発射体(ヌリ号)高度化事業発射体総括主管製作」事業を受注したと2日、明らかにした。 先月、優先交渉対象者に選定された後、本契約の締結まで終え、来年から2027年まで航宇研とともにヌリ号の製作と4回の追加発射を計画している。
 
ヌリホ高度化事業は科学技術情報通信省が6873億ウォンの予算を投入した政府事業だ。 ハンファエアロスペースは航宇研と民間企業主導でヌリ号を発射し、宇宙輸送力量を確保するのはもちろん、民間体系総合企業を育成・支援する方針だ。 今回の事業を通じ、航宇研が保有しているヌリ号体系総合技術および発射運用ノウハウを順次伝授される。
 
まず、2027年まで計4回にわたってヌリ号を打ち上げ、宇宙技術の検証、地上観測などの任務を遂行する予定だ。 今後、打ち上げサービスを提供できる韓国唯一の企業として、民間人工衛星、宇宙船、各種物資を宇宙に送る宇宙輸送事業の商業化も推進する。
 
ハンファグループは昨年、グループの宇宙事業協議体である「スペースハブ」を発足させ、宇宙探査および資源確保まで乗り出すという目標を立てた。 2020年、ハンファシステムは英衛星通信アンテナ企業のペイザー(現ハンファペイザー)を買収し、昨年は米衛星通信アンテナ企業のカイメタ持分投資から世界初の宇宙インターネット企業であるワンウェブの持分(約9%)を確保するなど、宇宙通信サービス事業を拡大している。
 
さらに、ハンファエアロスペースはハンファディフェンスと合併に乗り出し、来年3月にはハンファ防衛産業(旧(株)ハンファ防衛産業部門)まで合併し、発射体の力量を高度化している。 特に、「衛星製作→発射輸送→衛星サービス」につながるバリューチェーン構築と宇宙探査技術まで確保し、韓国初の「宇宙産業トータルソリューションプロバイダ」に成長するという目標だ。
 
韓国はヌリ号の打ち上げ成功で発射体の開発に成功したが、依然として宇宙技術先進国との格差が大きい。 韓国宇宙産業の規模は2019年基準で世界市場の1%未満、航宇研の研究人材も米国航空宇宙局(NASA)対比5%、宇宙開発予算は米国対比1%に止まっている。
 
米国は民間主導の宇宙産業生態系が造成される過程で、政府支援が核心的な役割を果たしている。 代表企業のスペースXは創業以来10年間稼いだ約10億ドル(約1兆3000億ウォン)のうち、半分以上をNASAの事業受注で確保した。
 
ハンファエアロスペースは主要国との格差を縮めるためには政府の政策的支援と投資、企業の技術確保、大学の源泉技術研究などが同時になされる「韓国型ファーストフォロー戦略」がなされなければならないという判断だ。 これを通じて民間が宇宙事業で収益を創出する「スペース2.0」時代に跳躍するという青写真だ。
 
ハンファエアロスペース関係者は“ヌリ号の追加発射は依然として成功を確信できない挑戦的な事業”とし、“しかし、航宇研の蓄積された力量と韓国300社余りの業者の技術、ハンファの宇宙事業に対する情熱で追加発射に成功し、韓国の宇宙産業を一段階跳躍させる”と明らかにした。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기