現代自グループ、インドネシアの新首都に未来航空モビリティ生態系の構築

[現代自グループ、インドネシアの新首都に未来航空モビリティ生態系の構築]


 
現代自動車グループがアセアンAAM(未来航空モビリティ)市場を開くために第一歩を踏み出した。
 
現代自動車グループはインドネシア·バリでインドネシア新首都庁とMOUを締結し、AAM生態系を構築するために相互協力することで合意したと14日、明らかにした。
 
今回のMOUはインドネシアが推進している首都移転に歩調を合わせ、新首都のスマートモビリティシステム実現のためのAAM先制導入のために行われた。
 
現代自グループは新首都庁との業務協約を通じ、新首都内のAAM適用計画を樹立し、地上-航空統合モビリティ概念を検証する計画だ。 また、AAMを試験飛行するなど、AAM生態系を運営する実証事業も展開する予定だ。
 
東南アジア最大の航空市場であるインドネシアは、1万8000以上の島で構成されており、陸路交通が発達しにくい地理的特性を持っている。 インドネシアは首都を移転する過程で、スマートモビリティシステムも積極的に導入しようとする動きを見せている。
 
現代自グループはインドネシアのレベルの高い航空インフラや技術力量を活用し、AAM生態系を効率的に構築できるものと見ている。 これに伴い、会社はAAMを通じた島居住者の移動便宜性向上にも寄与できるものと期待している。
 
現代自グループはインドネシアでの成果を足がかりに、今後、アセアン地域を越え、グローバルAAM生態系の造成にまで乗り出す方針だ。
 
一方、現代自グループは今年初め、UAM(都心航空モビリティ)とRAM(地域間航空モビリティ)を合わせたAAM開発ロードマップを発表し、エコ航空モビリティ機体を開発している。
 
現代自グループは2028年、米国の航空独立法人であるスーパーナルを通じ、米国でUAMサービスを開始することを目標にしており、2030年以降、RAM機体を商用化する計画だ。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기