サムスン電子、フランス公共安全ネットワーク事業に端末·ソリューションの供給

[サムスン電子、フランス公共安全ネットワーク事業に端末·ソリューションの供給]


 
サムスン電子が公共安全分野でのモバイルセキュリティ技術を先導する企業としての立地をさらに強化している。
 
サムスン電子はエアバス(Airbus)とキャップジェミニ(Capgemini)が構成したコンソーシアムのパートナーに選ばれ、フランス内務省と海外領土省が主導する「公共安全ネットワーク(RRF)事業」に端末とソリューションを供給することになったと8日、明らかにした。
 
フランス政府が主導する今回の事業は、公共安全のための高速ネットワークを具現し、災害管理と国防分野の通信現代化を推進することに焦点を置いている。
 
サムスン電子は今回のパートナーシップを通じ、Ruggedizedラインナップの「ギャラクシーエックスカバー6プロ(Galaxy XCover6 Pro)」スマートフォンと「ギャラクシータブアクティブ3(Galaxy Tab Active3)」タブレットを警察、消防、医療など公共安全分野の従事者約40万人に供給する予定だ。
 
また、公共安全ネットワーク構築のための多様なソリューションも提供し、フランス政府が主導する未来技術サービスにも一軸を担当するものと期待している。
 
サムスンのRuggedized機器は厳しい環境でも外部衝撃に耐えられるように設計された。
 
特に、警察、消防署のような市民の安全を直接的に点検し管理しなければならない多様な現場で有用に使われるよう、業務生産性と耐久性を強化したのが特徴だ。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기