済州航空、2年9ヵ月ぶりに仁川-沖縄路線の再運航

[済州航空、2年9ヵ月ぶりに仁川-沖縄路線の再運航]


 
済州航空が仁川~沖縄路線を週7回の日程で再運航すると1日、明らかにした。 新型コロナで2020年3月に運航を中断してから2年9ヵ月ぶりだ。
 
済州航空の仁川~沖縄路線は仁川国際空港を毎日昼12時40分に出発し、午後3時5分に沖縄に到着する日程だ。 沖縄からは午後3時55分に出発し、午後6時15分に仁川に到着する。
 
日本最南端に位置する沖縄はエメラルド色の海と色とりどりのサンゴ礁で「アジアのハワイ」と呼ばれる旅行地だ。 多様な海洋スポーツを楽しめるのはもちろん、過去の琉球王国をはじめ、中国、米国などの多様な文化が調和し、独特な魅力を経験することができる。
 
済州航空は今回の仁川~沖縄路線再運航をはじめ、仁川~東京(成田)路線の週35回、仁川~福岡路線の週28回、仁川~大阪路線の週21回、仁川~札幌路線の週14回、仁川~名古屋路線の週7回、釜山~福岡路線の週21回、釜山~東京(成田)・大阪路線と金浦~大阪路線の週14回、務安~大阪路線の週3回など週178回を運航し、日本路線支配力の拡大に積極的に乗り出している。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기