SKマテリアルズ"2030年ネットゼロ·RE100の同時達成目標"

[SKマテリアルズ“2030年ネットゼロ·RE100の同時達成目標”]


 
SK(株)マテリアルズはネットゼロレポートを発刊したと1日、明らかにした。
 
レポートには、△ネットゼロ宣言の意味と目標達成時点 △ネットゼロ・RE100実現に向けたロードマップ(細部削減計画) △気候変動ガバナンス △気候変化対応活動の計4つのテーマに関する具体的な現状と実績、目標が盛り込まれている。
 
特に、SKマテリアルズはSKスペシャルティなど系列会社の2030年ネットゼロとRE100同時達成意志を明確に宣言し、温室効果ガス削減目標を達成するための中長期ロードマップと履行戦略をレポートに詳細に公開した。
 
また、製品生産全過程の炭素中立実践方法と次世代バッテリー・高効率ディスプレイ・CCUSなどエコ技術および素材開発努力が盛り込まれた。
 
気候変化ガバナンス分野では、気候変化シナリオをもとに、主要リスクと機会を点検・評価した後、これによる財務的影響を分析した。また、分析結果を土台に、対応戦略を立て、推進成果を管理する案を提示した。
 
一方、SK(株)マテリアルズの温室効果ガス削減目標はScope 1(直接排出)とScope 2(組織境界内の間接排出)の排出量をすべて含めたものであり、今後は経営活動全般の温室効果ガス削減に向けてScope 3(組織警戒外の間接排出)まで拡大適用していく方針だ。
 
これを通じて2030年、国家温室効果ガス削減目標(NDC)の達成に力を加えるものと期待される。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기