SK on、1兆3000億ウォン規模の資金調達

[SK on、1兆3000億ウォン規模の資金調達]


 
SKイノベーションのバッテリー子会社であるSK onが財務的投資家から1兆ウォン台の投資資金を調達する。 量的成長競争を繰り広げているバッテリー業界でSK onの足取りがさらに速くなるものと見られる。
 
SKイノベーションは取締役会で、「SK on投資誘致のための株主間契約締結の件」を決議したと30日、公示した。
 
SKイノベーション、SK on、韓国投資PEなど財務的投資家の間で締結された今回の契約により、SK onは新株発行方式で1兆3000億ウォン以上の投資資金を確保することになる。
 
SK onは今回の投資誘致を契機に、事業拡張にさらに弾みがつくようになった。 SK onは米国、ハンガリーなどグローバル生産基地の確保に力を入れている。 29日には現代自動車と北米電気自動車バッテリー供給協力了解覚書を締結するなど、未来電気自動車市場の先取りに向けて機敏に動いている。
 
SKイノベーション側は、この契約のような条件で追加投資家の誘致が可能だと説明した。 これにより、SK onが長期財務的投資家誘致を持続的に継続するものと予想される。
 
一方、SKイノベーションは同日、SKジオセントリックの持分売却を行わないことにしたという事実も共に公示した。 SKイノベーション側は“財務健全性確保、新規事業投資財源用意のため、多様な戦略的方案を検討中”としながらも、“本持分売却は進行しないことに最終決定した”と明らかにした。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기