現代エンジニアリング、トルクメニスタンアンモニア尿素肥料工場MOUの締結

[現代エンジニアリング、トルクメニスタンアンモニア尿素肥料工場MOUの締結]


 
現代エンジニアリングは29日に開催された「韓-トルクメニスタン企業懇談会」で、発注先のトルクメニスタン産業企業家連盟と14億ドル規模の「トルクメニスタンアンモニア尿素肥料工場」プロジェクトに対する事業協力了解覚書(MOU)を締結したと30日、明らかにした。
 
この日、ロッテホテルで行われたMOU締結式には現代エンジニアリングのホン·ヒョンソン代表取締役、トルクメニスタン産業企業家連盟のDovran Hudayberdyev会長など関係者たちが参加した。
 
特に、トルクメニスタン元大統領であるGurbanguly Berdimuhamedow上院議長も署名式に参加し、該当プロジェクトに対するトルクメニスタン政府の高い関心を示した。
 
トルクメニスタンアンモニア尿素肥料工場は、トルクメニスタン西側のバルカン地域に建設され、竣工後、年間115.5万トンの尿素肥料および66.5万トンの合成アンモニア生産を通じ、トルクメニスタン現地農業生産量および雇用創出向上に大きく寄与するものと期待されている。
 
一方、現代エンジニアリングは2009年、トルクメニスタンで14億ドル規模の「Galkynyshガス脱硫設備プロジェクト」を皮切りに、2012年、5億3000万ドル規模の「Türkmenbaşy精油工場」、2014年、2億4000万ドル規模の「Kiyanly原油処理プラント」、34億4000万ドル規模の「エタンクラッカーおよびPE/PP生産設備プラント」など、多数の超大型プロジェクトを遂行した。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기