韓国の中小製造業、下半期の日給10万1116ウォン・・・前年同期比2.8%↑

[写真=中企中央会]


今年下半期の韓国の国内中小製造業の平均調査労賃(日給)が10万1116ウォンと集計された。昨年下半期と今年上半期に比べてそれぞれ2.8%、0.4%上昇した水準だ。

中小企業中央会は27日、下半期(8月基準)の中小製造業の生産職129職種の1日8時間労働基準の平均日給は10万1116ウォンと集計されたと発表した。昨年下半期は9万8336ウォン、今年上半期は10万697ウォンだった。

中小製造業1400社(売上額30億ウォン・常時勤労者10人以上)を対象に実施した今回の「下半期、中小製造業の職種別賃金調査」結果は中小企業と政府・公共機関間契約締結時の労務費算定の基礎資料として活用される。

主要職種別の上昇幅は、部品組立員の調査労賃が8万8920ウォンで今年上半期対比0.6%上昇し、単純労務従事員は8万4618ウォンで0.4%、作業班長は12万1072ウォンで0.1%各々上がった。

金額順には「化学工学品質管理士」の平均日給が14万6603ウォンで最も高く、「ガラス切断および財団員」が7万4494ウォンで最も低かった。

公表された調査労賃は2023年1月1日から適用される。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기