国土交通部、北ミサイル発射に対応・・・3日まで東海の一部航空路閉鎖

[写真=国土交通部]


国土交通部(国土部)は2日、北朝鮮の東海(トンヘ・日本海)上ミサイル発射によって、該当地域の上空を運航する航空機の安全を考慮し、北朝鮮と日本を経由する東海上の一部の航空路を同日午前10時58分から3日午前11時5分まで閉鎖すると明らかにした。

閉鎖する航空路のうち、北朝鮮を経由する航空路(B467)を使用する航空会社はないが、日本を経由する航空路(L512)は一日平均33台が使用しており、迂回が避けられないというのが国土部の説明だ。

国土部は航行安全のために航空会社が臨時的に迂回航路(G597など)を使用することを要請した。

さらに、飛行時には管制機関の周波数を傾聴し、国土部が発行する航空告示報に注意を払うよう呼びかけた。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기