韓国、10月までの国税収入48兆ウォン増・・・法人・所得税が増加し交通税は減少

[写真=企画財政部]


今年10月までに徴収された韓国の国税収入が昨年同期より48兆ウォン以上増えた。

企画財政部が29日に発表した「10月の国税収入現況」によれば、先月までの累計国税収入は355兆6000億ウォンと現れた。前年同期比48兆2000億ウォン増えた数値だ。

主要細目別には、勤労所得税・総合所得税を中心に所得税が12兆2000億ウォン増えた。企業業績の改善に支えられ、法人税も32兆5000億ウォン増加した。

消費・収入増加などの影響で付加価値税は7兆7000億ウォン増加した。

ただ、油類税の一時引き下げなどにより交通税は4兆9000億ウォン減少した。資産市場の劣勢の中で証券取引代金が昨年の半分水準に減り、証券取引税も3兆3000億ウォン減少した。農特税は1兆6000億ウォン減少した。

第2次補正予算案対比進度率は10月まで89.7%を記録し、最近5年間の平均と比べて0.5%ポイント高い水準を示した。

10月の1ヵ月だけだと、国税収入は38兆1000億ウォンであり、前年同月比5兆2000億ウォン増加した。

所得税は雇用回復の影響で勤労所得税などが3000億ウォン増えた。法人税は12月決算法人中間予納分納分納付などにより2兆ウォン、付加価値税は2022年第2期予定申告・告知納付などにより3兆2000億ウォン増加した。

反面、油類税の一時引き下げなどにより交通税は5000億ウォン減った。証券取引税も証券取引代金の減少の影響で3000億ウォン減少した。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기