ジェネシス「GV70」電気自動車、ドイツ専門誌の評価でテスラ·フォード抜いて1位

[ジェネシス「GV70」電気自動車、ドイツ専門誌の評価でテスラ·フォード抜いて1位]


 
ジェネシス「GV70電動化モデル」が欧州の有力自動車専門誌比較評価で、テスラモデルYとフォードマスタングマッハ-E GTにリードし、競争力を認められた。
 
27日、現代自動車によると、ドイツの自動車専門メディアのAuto Bildは最近実施した電気自動車モデルの比較評価で、GV70がテスラモデルYとフォードマスタングマッハ-Eより「ダイナミックながらも快適な車」と評価し、最も高い点数を与えた。
 
GV70の欧州内のライバルモデルの比較評価は今回が初めてで、現代自動車のアイオニック5と起亜のEV6の両方がテスラモデルYと対戦したドイツ専門誌の比較評価で勝利を収めた。
 
Auto BildトはAuto Motor und Sport、Auto Zeitungと共に信頼性の高いドイツの3大自動車マガジンの一つである。 ドイツはもちろん、欧州全域の消費者に大きな影響力を及ぼすメディアだ。
 
今回の比較評価は△ボディ △利便性 △パワートレイン △走行性能 △コネクティビティ △エコ性 △経済性の7つの評価項目にわたって行われた。 GV70は評価項目のうち、△利便性 △走行性能 △コネクティビティの3項目で1位を占め、総合点数569点で、561点を取ったモデルYと509点を取ったマスタングマッハ-Eを抜いて最高点を獲得した。
 
特に、GV70はサスペンション性能と先進運転支援システムなどで優位を占め、「利便性」項目だけでライバル車に比べて20点以上高い点数を受けた。 Auto Bildは“ジェネシスGV70の快適でダイナミックな走行性能と優れたコネクティビティ機能が印象的だった”とし、GV70の商品性を好評した。
 
GV70電動化モデルは最大出力160kW、最大トルク350Nmの力を発揮するモーターを電流と後輪にそれぞれ適用し、合算最大出力320kW、合算最大トルク700Nmの動力性能を備えている。 1回の充電時の走行可能距離は400㎞である。
 
さらに、能動型騒音制御技術のANC-Rを適用し、顧客が感じる室内騒音の水準を下げて静粛性を実現した。 モーターの駆動力と制動力を活用し、各車輪にトルクを最適分配するダイナミックトルクベクタリングを通じて最適な乗り心地を提供するなど、強靭でありながら快適な走行性能を備えているのが特徴だ。
 
ジェネシスGV70の内燃機関モデルは昨年、Motor Trendが選んだ2022今年の乗用型多目的車(SUV)に選定され、JDパワー2022商品性満足度調査の小型プレミアムSUV部門でも1位に上がった。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기