現代グロービス、1兆455億規模の完成車海上運送契約の締結

[現代グロービス、1兆455億規模の完成車海上運送契約の締結]


 
現代自動車グループの海運系列会社である現代グロービスが、海外完成車メーカーとの兆単位の完成車海上運送契約を相次いで締結した。
 
現代グロービスはグローバル完成車メーカーと1兆455億ウォン規模の完成車海上運送契約を締結したと11日、公示した。
 
契約金額は昨年の売上対比4.8%に該当する規模だ。 契約期間は2023年1月1日から2024年12月31日までだ。 現代グロービス側は契約上の理由で、具体的な契約相手を明らかにしなかった。
 
これに先立ち、現代グロービスは9月にも2023年から2025年までの3年間、2兆1881億ウォン規模の海上運送契約を締結している。
 
現代グロービスは自動車運搬船への投資を増やし、現在まで90隻余りの船団を保有している。 特に、小型車7300台を運送できるポストパナマックス型自動車運搬船をグローバル船社として初めて導入し運用している。 これは一度に多くの貨物を運送することができ、運賃競争力が高まるという意味だ。
 
現代グロービスは電気自動車市場への対応にもいち早く乗り出している。 会社は世界の自動車運搬船市場で初めて電気自動車オーダーメード型海上運送ソリューションを構築した。 船積み予約書に電気自動車を意味する「EV」が表記され、運送過程で内燃機関車と区分されたオーダーメード型管理が提供される。 車両情報と荷主の要求事項などは電算で事前共有される。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기