崔泰源、来月の公取委全体会議に出席…「SKシルトロンの私益詐取」議論召命

[崔泰源、来月の公取委全体会議に出席…「SKシルトロンの私益詐取」議論召命]



崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長が公正取引委員会が調査中の「SKシルトロンの私益詐取」事件と関連、公取委に直接参加し、SKシルトロン持分の買収過程で、違法性がないことを明らかにする計画だ。

17日、公取委などによると、崔会長は来月15日に開かれる全員会議に出席する予定だ。全員会議は公取委員長を含めた9人の委員が全員出席する最高議決機構だ。

当事者が必ず出てこなくてもいい公取委全員会議に大手企業のトップが直接参加するのは異例のことだ。

公取委はSKが半導体会社のシルトロンを買収する過程で、崔会長に不当な利益を提供した容疑をつかんで調査してきており、最近、違法性が認められると見て、SKと崔会長に対する制裁案を盛り込んだ審査報告書をSK側に発送した。

これに崔会長は自分が当事者として絡み合った今回の事件に、自分と会社の行為に違法性がないことを真剣に説明することが望ましいという判断によって、全員会議の出席を決めたものとみられる。

公取委も崔会長が直接出席するという意志を明らかにしてきたため、全員会議の日程を当初の8日から15日に調整したという。

SKグループの関係者は"崔会長が当時、中国など外国資本の持分買収の可能性などを考慮した後、債権団が主導した公開競争入札に参加し、追加で持分を取得した"と述べた。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기