W+OCq+ODs+ODu+ODqOODs+OCuOODs+OBruOCs+ODqeODoF0g6Z+T5Y2K5bO26Z2e5qC45YyW57at5oyB44GX44Gq44GR44KM44Gw44Gq44KJ44Gq44GE44Gu44GL
[カン・ヨンジンのコラム] 韓半島非核化維持しなければならないのか
[写真=カン・ヨンジン招聘論説委員] 北朝鮮の水素爆弾の核実験の成功をきっかけに、韓国の核武装問題が最も注目されている「話頭」になった。米国のマケイン上院軍事外交委員長が、在韓米軍に戦術核兵器を再配置しなければならないと主張し、ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)でも、この問題が論議されたという。 国内でも野党はもちろん与党と軍当局の一部で、戦術核再配備を主張する声が高まっている。主要メディアでもこれに同調する意見が集中提起されている。 青瓦台(大統領府)は戦術核再配備に反対するという立
2017-09-13 10:00:36
W+OCreODoOODu+OCteODs+ODgeODp+ODq+OBruOCs+ODqeODoF0g54Gw6Imy44Gu44K144KkKEdyZXkgUmhpbm8pIFZTIOeBsOiJsuOBruixoShHcmV5IEVsZXBoYW50KQ==
[キム・サンチョルのコラム] 灰色のサイ(Grey Rhino) VS 灰色の象(Grey Elephant)
[写真=キム・サンチョル前KOTRA北京・上海館長] 9月3日から5日まで中国の福建省南部の廈門ではBRICS(ブラジル・ロシア・インド・中国・南アフリカ)首脳会議が開催されている。先進国G7の対抗馬として浮上したBRICSは、新興国の代表的国家で構成されたもう一つのG5だ。多少の浮き沈みがあるが、これら5ヵ国は2000年以降、経済力が急速に拡大し、成長潜在力が非常に高い国々という共通の特徴を持っている。これらの浮上が21世紀に入って世界経済秩序の議論の場をG7からG20に移しておいたりもした。これら国家間にも見えない競争
2017-09-04 15:08:43
W+eJueWIpeOCpOODs+OCv+ODk+ODpeODvF0g5LiB5LiW5Z2H5Zu95Lya6K2w6ZW3ICLmnaXlubTjga7mlLnmhrLjgIHmnIDlhKrlhYjoqrLpoYzjg7vjg7vjg7szMOW5tOOBruWPpOOBhOaeoOe1hOOBv+OCkuWkieOBiOOBquOBkeOCjOOBsOesrDLjg7sz44Gu44OB44Kn44O744K544Oz44K344Or44GM6KGo44KM44KLIg==
[特別インタビュー] 丁世均国会議長 "来年の改憲、最優先課題・・・30年の古い枠組みを変えなければ第2・3のチェ・スンシルが表れる"
[写真=亜洲経済(対談=17日行われた亜洲経済イ・スンジェ副局長の丁世均国会議長インタビュー)] 丁世均(チョン・セギュン)国会議長は第7共和国建設に向けた憲法改正と関連して"(議長就任)2年目の来年改憲実現を1順位と考えている"とし、"国家運営の枠組みを変えなければ第2・第3のチェ・スンシルがまた現れる"と明らかにした。 丁議長は17日、国会議長室で本紙との特別インタビューで、"30年の古い服を着替えなかればならない"とし、"今年中に改憲案を作るのが目標だ。そうしてこそ、
2017-08-23 10:04:25
W+OCreODoOODu+ODnOODs+ODkuODp+ODs+OBruOCs+ODqeODoF0g5YyX5pyd6a6u5qC45ZWP6aGM44Gu57WC552A54K5
[キム・ボンヒョンのコラム] 北朝鮮核問題の終着点
[写真=キム・ボンヒョン元駐オーストラリア大韓民国大使館大使] 交渉学で最も重要として取り扱っているのは交渉当事者間の「信頼形成」だ。交渉相手と信頼が形成されるこそ、いわゆる「ウィンウィン(Win-Win)交渉」が可能になり、履行もできるわけだ。信頼が形成されていない状態で結ばれた約束は、お互いが「ウィンウィン交渉」の結果であると認めても結局うまく履行されない。 交渉学者 アラン・アクセルロッド (Alan Axelord)は、多くの実証的な実験の結果、信頼形成のための簡単な方法として「tit-for-tat」(しっぺ返
2017-08-09 11:20:06
W+OCreODoOODu+OCteODs+OCueODs+OBruOCs+ODqeODoF3jgIDmloflnKjlr4XmlL/lupzjga7lr77ljJfmnJ3prq7mlL/nrZbjg5Hjgr/jg7zjg7Pou6Lmj5vjga7mhI/lkbM=
[キム・サンスンのコラム] 文在寅政府の対北朝鮮政策パターン転換の意味
[筆者=キム・サンスン東アジア平和研究院院長、ソウルメディア大学院大学招聘教授、中国 察哈尔学会研究委員] 7月17日、韓国政府の軍事当局会談と赤十字会談(離散家族再会)提案に沈黙で一貫した北朝鮮は、予想通り7月28日午後11時41分頃、慈江道(チャガンド)舞坪里(ムピョンリ)一帯で「火星-14号」2次弾道ミサイルを1発発射した。 韓日米と中国、ロシア間の対立および北中ロ協力を誘導するために、北朝鮮は自ら「戦勝節」と呼ぶ7月27日の休戦記念日と、7月30日に予定された中国の「建軍節」(8月1日)の閲兵式までの間を選択
2017-07-31 13:10:31
W+OCpOODu+OCuOOCp+ODm+OBruOCs+ODqeODoF0g44CM5pyI5YWJ5pS/562W44CN5oiQ5Yqf44GZ44KL44Gf44KB44Gr44Gv6ISx5Y6f55m644KS6KaL55u044GZ44G544GN
[イ・ジェホのコラム] 「月光政策」成功するためには脱原発を見直すべき
[写真=イ・ジェホ招聘論説委員 トンシン大学教授 (政治学)] 脱原発の議論が環境と安全、費用の観点でのみ進められているようで残念だ。一度は南北関係という大きな枠組みの中で見る必要もあるのではないか。北朝鮮の電力難は深刻だ。北朝鮮へ行った韓国代表団が電気が入らず、ロウソクを灯して会談したというエピソードは有名だ。冬には宿舎から温水が出なくて苦労をしたりもする。北朝鮮が南北間の体制競争で後れを取ったのは慢性的なエネルギー不足で、国家発展が停滞したためだ。これを一挙に挽回する手段として選択したの
2017-07-25 13:35:08

エンタメ

一覧へ