W+OCpOODu+OCuOODp+ODs+ODkuOBruOCs+ODqeODoF0g44OI44Op44Oz44OX55m644Gu5LiW55WM55qE44Gq57WM5riI44Gu6ISF5aiB44CB44Gp44GG5a++5b+c44GZ44KL44G544GN44GL
[イ・ジョンヒのコラム] トランプ発の世界的な経済の脅威、どう対応するべきか
[写真・執筆=イ・ジョンヒ中央大学経済学部教授(元中小企業学会長)] 米中貿易戦争が始まってから5ヵ月が過ぎた。今年3月22日、トランプ米大統領が500億ドル規模の中国産輸入品に25%の関税を課す「中国の経済侵略を標的とする行政命令」に署名し、米中貿易戦争が始まった。 まだ誰も手をあげず、プライド争いを続けている。世界最大の強者である二国のプライド争いで世界は緊張している。輸出において両国に依存する割合が絶対的に大きい韓国は、二つの大国の間で心配が並大抵ではない。すでに中国は米国との貿易戦争による
2018-08-17 16:09:11
W+OCreODoOODu+ODlOODq+OCueOBruOCs+ODqeODoF0gQk1X44Oq44Kz44O844Or44CB44CM5pS/5bqc44Gu5b255Ymy44GM6Z2e5bi444Gr5q6L5b+144Gg44CN
[キム・ピルスのコラム] BMWリコール、「政府の役割が非常に残念だ」
[写真・執筆=キムピルス自動車研究所のキム・ピルス所長] 最近BMWの車両火災は国民的関心の対象だ。特に520dモデルは最近2年間、輸入車最高のベストセラーモデルだったために、他の車両の火災よりも高い注目を集めた。 一部ではあまりにも関心の対象であるため、マスコミで扱われるほど実際の事故数はそれほど多くないという話も出てるし、自動車所有者や管理者の誤りという主張もあった。 気になる部分がまさにそこだ。例えば、車両の購入期間が3~4年経過して、無償のアフターサービス期間が終わった時点で火災事故が発
2018-08-17 14:54:12
W+OCreODoOODu+OCsOOCoeODs+OCveOCr+OBruOCs+ODqeODoF3jgIDoh6rllrbmpa3jga/oh6rllrbmpa3jgajnq7bkuonjgZnjgos=
[キム・グァンソクのコラム] 自営業は自営業と競争する
[執筆=キム・グワンソク漢陽(ハンヤン)大学国際学大学院兼任教授 / 写真=聯合ニュース] 「青瓦台(大統領府)に自営業担当秘書官室を新設し、現場の声を直接聞く。複雑に絡み合った問題について総合的な対策を講じる。」 文在寅(ムン・ジェイン)大統領の言葉だ。「自営業者(self-employment)」が問題の中心にある。最低賃金の引き上げ、産業の構造調整、ベビーブーム世代の引退など、多様な国内経済問題の中心に自営業者がいる。 2016年以降、自営業者が再び増加している。2016年の自営業者の規模は約674万人だ
2018-08-13 15:12:59
W+ODkeOCr+ODu+OCueODqOODs+OBruOCs+ODqeODoF0g5paw44OX44Op44OD44OI44OV44Kp44O844Og5oim5LqJ5pmC5Luj
[パク・スヨンのコラム] 新プラットフォーム戦争時代
[写真・執筆=パク・スヨン西江(ソガン)大学教授 ] 第1次産業革命時代を経て大量生産を基盤とする企業が誕生した。これらの企業は原材料をもとに製品を生産し、これを消費者に供給する、いわゆる生産者として、需要者に必要な製品を供給する一方的な形態の事業を行ってきた。製造基盤企業がほとんどで電子製品、鉄鋼、造船、食品・飲料事業など、我が国の根幹をなす企業形態だ。生産者のブランドが消費者信頼の基盤となり、この価値が非常に重要な事業形態といえる。 2000年代に入ってワールド・ワイド・ウェブ(www)とイ
2018-07-31 11:23:26
W+ODgeODpeODu+OCuOOCp+OCpuOBruOCs+ODqeODoF0g57Gz5Lit44Gu5aCx5b6p6Zai56iO56u25LqJ44Go6LK/5piT5oim5LqJ
[チュ・ジェウのコラム] 米中の報復関税競争と貿易戦争
[写真 / 執筆=チュ・ジェウ慶熙(キョンヒ)大学中国語学科教授] 最近、米国と中国間の報復関税措置の発表が連日報道されている。品目と関税引き上げ率は空前絶後の規模だった。そのため、世界は報復関税の過度な競争が貿易戦争につながるか、世界経済に災いをもたらすかに神経を尖らせている。 多くの専門家が現在の状況を1930年代の大恐慌当時と比較する。特に最近、米国の関税引き上げ率の決定の含意を過去、米国の代表的な報復関税法案である「スムート・ホーリー法(Smoot-Hawley Act)」の結果から探している。 国
2018-07-20 15:09:21
W+OCreODoOODu+OCteODs+OCueODs+OBruOCs+ODqeODoF0g5Lit5pyd6Zai5L+C6ZaL44Gu5q2j5bi444Gq5Zu95a626KuW44Gu6ZqZ6ZaT5rqW5YKZ
[キム・サンスンのコラム] 中朝関係開の正常な国家論の隙間準備
[写真=聯合ニュース提供 / 筆者:キム・サンスン東アジア平和研究院院長、中国察哈尔学会高級研究委員 ] シンガポールで6月12日、ドナルド・トランプ米大統領との歴史的出会いで世界の注目を集めた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、わずか1週間後の6月19日、北京に再び現われた。金委員長の突然の北京訪問で浮かれた中国は最近、中朝関係をどう定義しているのだろう?変わった状況の中で、我々はどんな準備をしなければならないだろうか。 ◆中朝関係は回復、しかし「血盟でない正常な国家間の関係」
2018-07-09 17:26:00
W+OCreODoOODu+OCteODs+ODgeODp+ODq+OBruOCs+ODqeODoF0g5pel5pys4oaS5Lit5Zu94oaS6Z+T5Zu944GuMjDlubTmmYLlt67lhazlvI/jgYzltKnjgozjgZ8=
[キム・サンチョルのコラム] 日本→中国→韓国の20年時差公式が崩れた
[写真・執筆=キム・サンチョル前KOTRA北京・上海館長] 今年、日本に2回行ってきた。アベノミックスで日本経済が完璧に復活していると言うけれど、日本社会の隅々には陰りが依然として多く残されている。人たちは依然として活気がなく、特に田舎の夕方はしんと静まり返っている。経済復活の最後の砦であるデフレ脱出がそれほど難しいということを反映している。通勤時間に道路に走行される車両はほとんど100%小型車だ。あえて燃料費がかかって運行しずらい中型・大型車の代わりに小型車を好むのは、日本人たちがどれほど経済的
2018-07-02 15:11:52
W+OCreODoOODu+OCsOOCoeODs+OCveOCr+OBruOCs+ODqeODoF0gMjAxOOW5tOS4i+WNiuacn+OBrue1jOa4iOimi+mAmuOBlw==
[キム・グァンソクのコラム] 2018年下半期の経済見通し
[写真・執筆=キム・グァンソク漢陽(ハンヤン)大学国際学大学院兼任教授] 「2018年下半期の経済はどのように流れていくだろう?」、食堂を運営する社長にも、就職を準備する青年にも、家計の財政に責任を負っているお母さんにも、そして政府や企業の意思決定者たちにもかなり関心を持たせる質問だ。2016年の景気底点から2017年には相当な回復傾向を見せ、2018年上半期までにはそれが持続されたが、これからどうなるかという期待と心配が共存する時点だ。 2018年下半期の韓国経済は次のような多様な経済的問題に囲まれている
2018-06-25 11:19:01
W+OCreODoOODu+OCteODs+ODgeODp+ODq+OBruOCs+ODqeODoF0g44Kw44Ot44O844OQ44Or5pmv5rCX44Gu5pa55ZCR44KS6Kqt44KA77yS44Gk44Gu54mp5beu44GX
[キム・サンチョルのコラム] グローバル景気の方向を読む2つの物差し
[写真・執筆=キム・サンチョル前KOTRA北京・上海館長] 2000年代に入り、グローバル景気は先進国が主導するよりも新興国が加勢しないといけないほど状況が大きく反転されている。特に、2008年の米国発金融危機や2010年の欧州発財政危機など、経済危機を経て中国の役割が大きく浮上し、とうとう世界経済秩序の議論の中心がG7からG20になったりもした。 しかし、「世界の工場」中国の浮上は、グローバル市場での供給過剰を招き、需要の不足でデフレが固定化される、いわば「ニューノーマル(New Normal)」という新造語(存在
2018-06-18 15:30:35
W+ODkeOCr+ODu+OCueODs+ODgeODo+ODs+OBruOCs+ODqeODoF0g57Gz5pyd6aaW6ISz5Lya6KuH5Lul5b6M44CB5Lit5Zu944Gu5a++5b+c44K344OK44Oq44Kq44GvPw==
[パク・スンチャンのコラム] 米朝首脳会談以後、中国の対応シナリオは?
[写真・執筆=パク・スンチャン中国経営研究所所長兼龍仁大学中国学科教授] 新しい韓半島(朝鮮半島)の平和プロセスに対する期待と懸念から始まった世紀の談判の日、世界中は注目した。大きな枠組みで合意し、非核化と体制保障に対する意見は調整されたが、細部的な方法は決して容易ではなさそうだ。米朝間の政治、経済的な思わくが互いに異なり、中国など周辺国の問題が山積しているからだ。 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の綱渡り外交安保戦略が今は的中しているようだ。彼はトランプ大統領が何を
2018-06-12 17:14:54
W+OCpOODu+ODqOODs+OCpuODs+OBruOCs+ODqeODoF0g44CM44K444Oj44OR44Oz44OR44OD44K344Oz44Kw77yISmFwYW4gUGFzc2luZ++8ieOAjeOAgeiJr+OBhOS6i+OBsOOBi+OCiuOBp+OBr+OBquOBhA==
[イ・ヨンウンのコラム] 「ジャパンパッシング(Japan Passing)」、良い事ばかりではない
[写真=イ・ヨンウン亜洲経済代表兼総括編集局長 ] 1941年12月7日午前6時。水平爆撃隊50台、 雷撃隊40台、降下爆撃隊51台、ゼロ戦(零式艦上戦闘機)43台など、計184台の日本軍の爆撃や戦闘機が平和の真珠湾のアメリカ海軍の戦艦に向かって急降下した。 数百万人の人命被害を生んだ太平洋戦争はこうして始まった。 このように大きな数の爆撃機などを真珠湾と鼻の先にまで運んだ日本航空母艦は、赤城、加賀、飛龍、蒼龍、翔鶴、瑞鶴など、なんと6隻だった。真珠湾襲撃を総指揮した日本艦隊の司令官であった南雲が構成した
2018-06-07 13:58:10
W+OCreODoOODu+OCuOOCp+ODqOODs+OBruOCs+ODqeODoF0g56ysNOasoeeUo+alremdqeWRveaZguS7o+OAgeizg+mHkeW8leOBjeS4iuOBkuOCkuebuOauuuOBmeOCi+eUn+eUo+aAp+OBruWQkeS4iuOBjOaguOW/gw==
[キム・ジェヨンのコラム] 第4次産業革命時代、賃金引き上げを相殺する生産性の向上が核心
[執筆・写真=キム・ジェヨン、高麗(コリョ)大学融合経営学部助教授] 最低賃金の算入範囲が30年ぶりに拡大された。先週の25日、国会環境労働委員会は最低賃金計算の際に毎月支給する賞与と食費、宿泊費や交通費の一部を含む最低賃金法改正案を議決した。1998年、韓国の最低賃金制度が開始されて以来初めて、最低賃金に対する算入範囲が変更されたのだ。現政権に入って最低賃金は歴代最高の16.4%が引き上げられ、経済団体は一斉に今後の引き上げ速度の緩和と算入範囲の拡大を要求した。もちろん労働界は最低賃金の引き上げの意味
2018-05-29 13:31:02
W0NFT+OCs+ODqeODoF0g6Z+T5Y2K5bO244Gu5bmz5ZKM44Og44O844OJ44Gr5YyF44G+44KM44Gf57Gz57WM5riI5aSJ5YyW
[CEOコラム] 韓半島の平和ムードに包まれた米経済変化
[写真・執筆=ク・ヒジン大信(テシン)資産運用代表] 韓半島の情勢が変わった。4·27南北首脳会談で終戦宣言と北朝鮮の非核化を語っている。実現の可能性に疑念を抱いていた米朝首脳会談も6月12日、シンガポールで開くことにした。南北首脳会談に続き、米朝首脳会談まで順調に終われば、下半期には4者(南・北・米・中)と6者(4者+日本・ロシア)首脳会談が次々と開かれるだろう。歴史的な終戦宣言と非核化交渉が現実化されるという期待感がいつになく大きい。 もちろん、はっきりしたことはまだ何もない。北朝鮮や米国が
2018-05-18 10:23:15
W+OCsOODreODvOODkOODq+S8gealrV0g44OR44Kv44O744Oo44Oz44K944KvUGF4R2VuQmlv5Luj6KGo44O744O744O7IuS9k+WkluiouuaWreWIhumHjuOBq+OBiuOBhOOBpuS4lueVjOOCkuODquODvOODieOBmeOCi+OCsOODreODkOODvOODq+S8gealreOBq+OBquOCi+OBruOBjOWkoiI=
[グローバル企業] パク・ヨンソクPaxGenBio代表・・・"体外診断分野において世界をリードするグロバール企業になるのが夢"
[写真・記事=亜洲経済 キム・ジュングン記者 (診断用キット製品を説明しているパク・ヨンソクPaxGenBio代表)] このような会社を「強小企業」と呼ばないとどんな会社を強小企業と呼ぶことができるだろうか。2015年5月、京畿大学の創業保育センターで設立された(株)パックスジーンバイオ(PaxGenBio)を意味する言葉だ。創業して3年しか経ってないが、「巨人」という感じを与える。 パックスジーンバイオは尿や喀痰(痰)など、体内で簡単に採取できる可検物を利用して病気を診断する体外診断融合技術開発会社だ。この技術を用い
2018-05-17 16:30:31
W+OCreODoOODu+OCsOOCoeODs+OCveOCr+OBruOCs+ODqeODoF0g57WC5oim44Go57WM5riI
[キム・グァンソクのコラム] 終戦と経済
[写真・執筆=キム・グァンソク国際学大学院兼任教授] 2018年4月27日、韓半島に新たな歴史が書かれた。南北首脳会談が開催され、「板門店(パンムンジョム)宣言文」を通じて韓半島の平和と繁栄や統一に向けて努力することを確認した。つい最近まで北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長とドナルド・トランプ米大統領間の核をめぐる論争が高まり、戦争の可能性まで提起されていたが、もはや南北経済協力(経協)から拡大され最近には、経済統合まで取り上げられた。 南北経済協力が拡大される過程で多様な経済的機会が開かれ
2018-05-14 13:55:50
W+OCreODoOODu+ODqOODs+OCpOOCr+OBruOCs+ODqeODoF0g44CM5p2/6ZaA5bqX5a6j6KiA44CN44Gu57WM5riI55qE5oSP5ZGz
[キム・ヨンイクのコラム] 「板門店宣言」の経済的意味
[写真・執筆=キム・ヨンイク西江(ソガン)大学経済学部教授] 南北首脳の完全非核化と平和体制の構築を正式に推進する内容の「板門店(パンムンジョム)宣言」によって経済協力の道も開かれた。南北経済協力は適当な投資先を見つけられなかった韓国企業に活力を吹き込む、北朝鮮の経済成長を促進して統一費用を引き下げてくれるだろう。また、証券市場でもコリア・ディスカウントが徐々に解消される見通しだ。 南北関係の改善はマクロ的な視点から考えると、南北の経済成長に大きく寄与する可能性が高い。1997年の通貨危機後、韓
2018-05-11 14:44:23
W+OCouODs+ODu+ODgeODqOODs+OBruOCs+ODqeODoF0g5YyX5pyd6a6u44Gu6ZaL5pS+44Go5Lit5Zu944Gu6ZaL5pS+
[アン・チヨンのコラム] 北朝鮮の開放と中国の開放
[写真・執筆=アン・チヨンに仁川大学・中国語中国学科教授 / 中国学術院資料センター長] 4月27日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の歴史的な板門店会談があった。会談は生中継され、会談で見せた金正恩委員長の行動と肉声は閉鎖的な隠遁王朝の継承者と呼ぶにはあまりにも大胆で率直だった。 誰かは「ショー」だという人もいるが、それがショーなら映画祭で主演男優賞を受賞するほどの名演技だ。どんな演技も現実のリアルを超えることはできない。 金委員長が私たちを驚かせられ
2018-05-08 15:07:23
W+OCreODoOODu+OCteODs+OCueODs+OBruOCs+ODqeODoF0g5p2/6ZaA5bqX5a6j6KiA44Gr6ama44GE44Gf5Lit5Zu944CB6Z+T5Y2K5bO244K444Os44Oz44Oe44Gr6Zml44KL
[キム・サンスンのコラム] 板門店宣言に驚いた中国、韓半島ジレンマに陥る
[執筆=執筆=キム・サンスン東アジア平和研究院院長 / 中国チャハル(察哈尔)学会高級研究委員   写真=韓国共同写真記者団(先月27日午後「板門店宣言」を発表した後、握手をしている南北首脳)] 今回の南北首脳会談で発表した「板門店(パンムンジョム)宣言」を中国は「歓迎」した。しかし、中国は新たな悩みに陥っているものとみられる。 今年初め「平昌外交」で中国は初めて韓半島問題と関連して「チャイナパッシング」を経験した。以後、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が北京を訪問した。中国は金委員長の
2018-05-02 16:06:38
W+OCreODoOODu+ODgeODo+ODs+OCpOOCr+OBruOCs+ODqeODoF0g5Zyo6Z+T57Gz6LuN44Gu5pKk6YCA44CB57Gz5Zu944Gr44Gv44Kq44OX44K344On44Oz44Gn44GC44KL44O744O744O777yC5pKk6YCA44Gu44Gq44GE5qC45buD5qOE44CB6LKr5b6544GZ44KL44GT44Go44GM44Gn44GN44KL44Gg44KN44GG44GL77yC
[キム・チャンイクのコラム] 在韓米軍の撤退、米国にはオプションである・・・"撤退のない核廃棄、貫徹することができるだろうか"
[筆者=キム・チャンイク建設不動山部 部長 / 写真=聯合ニュース] 北朝鮮の核平和協定の局面で在韓米軍の撤退可能性に対する一般の認識は「まさか米国が在韓米軍を撤退するだろうか」ということだ。 根拠は主に二つだ。韓米同盟を考慮するとき、在韓米軍撤退の可能性が低いとみている方が多い。もしくは米国の極東アジア戦略で在韓米軍が担当する割合をあげる。在韓米軍の維持が米国の覇権戦略に符合するということだ。 両方あってると思う。しかし、米朝交渉がギブ・アンド・テイクであるという点を考慮すると話が違
2018-04-23 16:16:00
W+OCreODoOODu+OCsOOCoeODs+OCveOCr+OBruOCs+ODqeODoF0g57Gz5Zu944Gu54K65pu/44Os44O844OI5YiH44KK5LiK44GS5Zyn5Yqb44Go6Z+T5Zu944Gu6Ly45Ye644Oq44K544OI5ouh5aSn
[キム・グァンソクのコラム] 米国の為替レート切り上げ圧力と韓国の輸出リスト拡大
[写真= キム・グァンソク漢陽(ハンヤン)大学国際学大学院兼任教授] 輸出依存型成の長戦略は韓国の革新的な成長を率いてきた方法だった。これまで輸出は韓国の経済低迷を食い止める役割を遂行してきたが、近年では自分の役割を果たしていない状況だ。 グローバル金融危機以降、輸出の成長貢献度は内需(投資+消費)に比べてかなり高く維持されてきたが、2014年以降、その状況が逆転された。投資の成長寄与度は持続的に上昇し、民間消費も緩やかに上昇している反面、輸出はマイナスとプラスを行き来している。輸出の成長寄与度は
2018-04-17 15:46:20

エンタメ

一覧へ