LGエネルギーソリューション-GM合弁の米工場で電気自動車バッテリー試作品の生産開始

[LGエネルギーソリューション-GM合弁の米工場で電気自動車バッテリー試作品の生産開始]


 
韓国の電気自動車バッテリー企業と米国の自動車メーカーの協力で建てた米国工場で、試作品を生産した。
 
31日(現地時間)、ロイター通信は、LGエネルギーソリューションとGMの23億ドル規模の合弁投資であるオハイオ工場が試作品生産を開始したと伝えた。 合弁法人のUltium Cellsはこの日、ニュースを伝え、現在、オハイオ工場である「ウォーレンプラント」に雇用された職員が800人を越え、工場が最大生産能力に達する来年までに職員を1300人に増やすと明らかにした。
 
Ultium Cellsは280万平方フィートの幅に第4工場まで設立すると明らかにした。 この日、工場運営の開始を発表したウォーレンプラントはUltium Cellsの初工場である。Ultium Cellsはテナーシー州とミシガン州にそれぞれ第2·第3工場を建設しており、第4工場としてインディアナ州を考慮している。 LGエネルギーソリューション側は“現在、試作品を生産しながら、量産体制を整えるために準備している”と伝えた。
 
先立って7月、米国エネルギー省はUltium Cellsが第2~4工場を建設することを支援するため、25億ドルを貸出すると明らかにした。 これらの企業は電気自動車1台の購入に最大7500ドルの税額が控除されるインフレ削減法(IRA)の恩恵を受ける見通しだ。 該当法案はバッテリー部品と鉱物原産地によって税額控除を差別的に適用する。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기